血液の増加が母乳の量を増やす!栄養素をサプリで補給する

血液の元を補給しよう

親子

母乳の量を増やすためには、ママ自身の血液が十分足りている必要があります。貧血気味であったり、そこまで酷くはなくとも血液が不足気味であったりすると母乳の分泌量も減ってしまいます。授乳時には血液を作るために必要な栄養素を優先的に取るようにしましょう。血液作りに欠かせない代表的な栄養素としてはたんぱく質、鉄分、葉酸、カルシウム等が挙げられます。これらをバランス良く摂取することは血液の状態を整える上で有効です。体内の血の巡りが良くなれば、自然と母乳の量も増えていきます。授乳時のママに必要な摂取カロリーは1日当たり凡そ2500キロカロリーです。このうちたんぱく質は80グラム以上、鉄分も20ミリグラム以上摂取しなければなりません。日々の食事の中で取ることが難しいようなら、サプリを飲むことも検討しても良いかもしれません。年齢によってはコラーゲンも不足しがちになります。肌のパサつきや乾燥が気になるなら注意が必要です。母乳にはコラーゲンも含まれているため、しっかりと補給するようにしてください。コラーゲンは手羽先や軟骨、魚の皮等に多く含まれています。魚や肉にはたんぱく質も豊富に含まれているため、貧血予防にも効果的です。好き嫌いやアレルギーがない場合には、積極的に食べることをおすすめします。更に母乳の量を増やすには水分も欠かせません。水分補給をする際には冷たい水やジュースよりは温かいものを飲むようにしましょう。温かい飲み物は胃にも優しく、体を温めてくれる効果もあります。野菜がたっぷり入ったスープを飲むことも、滋養栄養両方の面で有効です。

婦人

安心して育児をするために

母乳の量は、目で確認することができないからこそ、不安になることも多い問題です。量を増やすためには、まず何よりもお母さんがしっかりと栄養を摂取することが大切です。サプリメントの場合、鉄分や葉酸、カルシウムが配合されている授乳期専用商品を選ぶと安心です。

赤ちゃん

サプリに含まれる栄養素

母乳で赤ちゃんを育てることには、とても重要な意味があります。しかし、量が少ないことで悩んでいる母親も多いはずです。サプリの栄養成分に含まれているフェンネルを上手に活用して、できる限り母乳を活用するようにしましょう。

ファミリー

頻回授乳や血流の改善

妊娠から出産、そして子育てをするときには、女性には出せる機能が強まります。ただ、徐々に母乳の量が減少する場合もあります。それを防ぐために、頻回授乳を行います。一定頻度で与えると、どんどん作り出せるようになります。